PEACE MOTOR STORE
トップページ お店の紹介 スタッフ紹介&スタッフブログ 車の在庫 パーツ販売&オークション 画像展示室 レース活動 リンク お問い合わせ

鈴鹿スーパー耐久500Km (4)第一戦

コース:鈴鹿サーキット国際レーシングコース
開催日:4月27日

初参戦 ピースモータースポーツ 今久保あつし 予選で挨拶がわりの3列目
4月26日 AM10:00 天候 晴れ 風が強い

早朝よりCパドックに入り決勝に備えたタイヤに変更。
AM10:40より公式予選がスタートした。
当初#107オートバックスの山田選手の後追いでスリップストリームをうまく使いタイムアップする作戦に出たがコースイン直後のアウトラップで他車が間に入ってしまい作戦変更を余儀なくされた。
総勢45台という多数の出走ならではのアクシデントだろう。
それでも6番手のタイムをたたき出し表彰台圏内を狙える位置につけた。

その後も得意とするセクター1でタイムを縮めていくが直後の赤旗中断でピットイン、これによりリズムを崩してしまいそのままの順位で予選を終えた。


ドライバー今久保コメント
「当初の予定通りに運べず苦戦しました。赤旗中断で自分のリズムを狂わせてしまい納得のいかない結果に終わりましたが明日の決勝は良いスタートダッシュが出来ればまだまだ可能性はあると思いますので精一杯がんばります」

メカニック神野コメント
「テストの予定もくるい開幕戦でヴィッツレース自体のデータも少ない状態でしたが思っていたより良い結果でしたので明日の決勝、また次戦にも活かせればと思います。」

メカニック笹本コメント
「初めての大きいレースへの参加で少々興奮気味でした、色々な行動も判らないことだらけで少しチームにも迷惑をかけてしまいましたが明日はがんばります!良い勉強になって嬉しいです、今日は早く寝ます。」


5位今久保と6位山口選手、両方PEACEのスーツです。
4月27日 天候 晴れ 気温20度

6番グリッドよりスタート、スタートダッシュで前へ出る作戦に出るもののスタート直後の1コーナーで#107山田選手と#40宮田選手が接触、横を向いてしまった宮田選手のフロント牽引フックが今久保の左フロントフェンダーに接触、インナーライナーとタイヤが接触したままの走行になった。
違和感を感じながら5番手キープで走行を続けファイナルラップ#362田ヶ原選手をスプーンコーナーでパス、このまま4番手でフィニッシュかと思ったシケインの進入に痛恨のミス、再び田ヶ原選手に抜かれ5位でゴールを迎えた。


ドライバー今久保コメント
「スタート直後、左側に衝撃がありどこがダメージを受けているかわからないままレースを続ける事になりました。うまくいけば3位表彰台も見えていましたし少なくとも4位にはなれたレースなので少し悔しいですが初戦で5位入賞出来てよかったです。応援して頂いた皆様に心より感謝いたします。」

メカニック神野コメント
「いやぁ熱いレースが見られました!スタート直後のハプニングがなければ・・と後から言ってもしかたないですので次戦は表彰台を狙えるようがんばります、皆様応援ありがとうございます。

監督 木村コメント
「朝からフォトセッションに雑誌の撮影、オンステージと走りまくりました。全く初めての経験プラス5位入賞、私の中ではは90点です。次も上を目指してがんばろう!
色々応援して頂きました皆様、本当に有難うございます。次もがんばります」

トップページお店の紹介スタッフ紹介&スタッフブログ車の在庫パーツ販売&オークションイベント告知レース活動リンクお問い合わせ

Copyright(c)2006 PEACE MOTOR STORE All rights reserved.