PEACE MOTOR STORE
トップページ お店の紹介 スタッフ紹介&スタッフブログ 車の在庫 パーツ販売&オークション 画像展示室 レース活動 リンク お問い合わせ

インターナショナル ポッカ1000km (8)第三戦

コース:鈴鹿サーキット国際レーシングコース
開催日:8月24日

テスト
8月22日 フリー走行 天候 晴れ
シリーズランキング7位ともう後のない今久保、今回のレースはどおしても落とせない一戦だ。
フリー走行ではオーバーホールしたミッションの感触を確かめたり、決勝で使用するタイヤに熱を入れたりし明日の予選に備える。
タイム的には可もなく不可もなく無難な感じで周回を重ねたがそれも明日へ備え余力を残しておいた感じと本人のコメント。
いよいよ夏の祭典「ポッカ1000キロ」が始まった!


8月23日 予選 天候 雨

前日より心配されていた雨がやはり降り始めていた。
予選はAグループとBグループに分かれて行われ我々のチームはAグループでの予選、
コースインと同時にアタック開始、#362田ヶ原選手は流石にプロドライバー、1周目から他車を引き離したタイムをたたき出す。
2番手タイムの今久保だがそこから中々タイムが上がらず15分の予選はあっという間に終了。
トップに#362田ヶ原選手、2番手に#31今久保と続く。
Bグループの予選が終わりポールポジションは田ヶ原選手、フロントローにBグループトップタイムの橋本選手、2列目3番グリッドより今久保の決勝レーススタートとなった。 
意地を見せつけた! 

8月24日 決勝 天候 曇りのち晴れ

予選の天気から一転、天候は回復した。朝方は濡れている場所があった路面もスタート進行の時点では乾いていた。
晴れに強いアドバンタイヤを履いている31号車は一気に前に出て逃げ切る作戦に出ようと思ったがスタートで一瞬出遅れてしまった。
オープニングラップで4番手までダウン、好スタートを切った#93橋本選手、#89小松選手、3番手に#362田ヶ原選手、その後ろに今久保の順で周回を重ねる。
晴れに弱いグッドイヤーの田ヶ原選手を中々パス出来ずその間に1番手、2番手は離れていく、4周目、やっと3番手に浮上、果敢に攻め前を追うが時既に遅し、6周目には4番手まで順位を上げてきたランキングトップの#79神谷選手に追いつかれる。
何とか神谷選手を抑え3番手でチェッカー、崖っぷちの意地を見せつけた。

スタート直後の1コーナーから2コーナー

トップページお店の紹介スタッフ紹介&スタッフブログ車の在庫パーツ販売&オークションイベント告知レース活動リンクお問い合わせ

Copyright(c)2006 PEACE MOTOR STORE All rights reserved.